2010年07月01日

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2010/07/01 blogに逃避とかける その心は

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogに逃避とかける その心は

・・・・・・・・・・うまいこと思いつかなかったので

オチ無し☆

うぇぇぇW杯の日本戦熱冷めやらぬ今日この頃(って終わったの昨日)

学部入学申請のためにあれこれ書かなきゃだめだったり
ていうかもう6月おわってるし
てかそもそもの締め切りなんてとっくの昔にすっとばして

あたしなにやってんだ(涙目


爆発すればいい この駄目脳みそめ


近所のユニフォーム屋(パチもん)でメキシコ黒に加えて
侍ブルーも購入検討してるバヤイなんかじゃない!

この駄目脳みそとヘタレっぷりにほんと、、爆発しればよろしい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

旅行記続き

そんなこんなで
夜行にのりこみ 21:45
13時間の旅が始まる!!わけなんですが

これ、、ちょーーーーーーーーーっと狭いよね
やはしランク下げたからなーw

うんでも仕方ない この差額で2泊は(安宿)できちゃうんだから
しかも満席w

なんか、、密度たけぇw

となりのアニキ寝るのはぇえな。。

なんかあんまり寝付けない ちょいちょい目が覚める

皆飛行機でも長距離バスでもトイレとかの関係から
通路側を選ぶんでしょうけど

そんなの私耐えられないw

だから一人旅の長距離移動は前後ほぼ飲まず喰わずがモットーですw
だってつまんないじゃない!!


目が覚めると真っ暗なハイウェイをはしってる
料金所みたいなとこの前で
一家総出でエンストした車を押してた
おばぁちゃんも息子も皆でビートルを押す訳です

そういえばGTOからDFまでの道のりで
マンガみたいにボンネット開けて ボンネットから煙でてて
その前でお父さんと娘?が困ったか押して腕組んで突っ立てるのをみたね。



遠くに宝石箱みたいな街のあかりがキラキラしてて
それを見届けてバスは郊外へ 真っ暗な中 トラックや他の車にまざって
DFをでる

道の真ん中の分離帯に少年がすわってたのを見た
彼はなんの為にこの夜中ひとりでそんな寂しいところにいるのだろう。。

朝、4時頃目が覚める 真っ暗の中ひたすらはしる
もうトラックもほかの車も見えない


なんだか真っ暗な世界をこの車だけがはしっているようで
不思議な気持ち

真っ暗だけど山の中をはしっていることだけは分かる

まっくら 
車内はまだ静まり返っていて皆思い思いの格好で
眠っている


時間が止まってるみたいだけど
外をみれば確実にどこかに進むバス

次に起きたのは5じすぎ

空が白んでいく きたきた
これをみるのがだいすきなんよ 私

ただ日の出と逆の席とちゃったねw

山の端が朝焼けで朱色にそまっていく
でもバスの中は至って静か 寝息のみ

この時間を独り占めできる幸せ

ゆっくりのようであっというまに太陽はあがってしまう

あいかわらずバスは山道をひたすら走る

どんどん山にはいっていって どんどん山をのぼっていく

この道路を作った人達は一体どこで生活したんだろう 
こんな寂しい場所で黙々道路をつくったんだろうか。。とおもったけど

どうせメキシコ人のことだから
陽気な音楽でもがんがんかけながら
たのしくつくったんちゃうんかねーっとかいう想像もしたりして、、

更に山を登る 景色は連なる山々 下には広大な大地が広がる

ふと目の前をみると低いと高さが一緒だった。そういえば下にみえる大地にはもう
くっきりと雲の陰がみえるまでに

上をみあげると雲が山の頂きにかかっている

おお ここはどこなんだ!と私大興奮

そのあたりからかな??
たまに山の斜面でヤギ?羊?が草を生んでいたり

なぜかウマが1匹くさをモシャモシャしていたり

トウモロコシ畑がひろがったり

そこでは確かに働くひとがいて
こんな山奥にでさえ人の生活はあるんだな と実感する
空に近いここで彼らは何を思って生活してるんだろう と思う
毎日道路を通っていく車やバスをみて何をおもうんだろう。。

もちろん彼らにも車やなんやかんや交通手段はあるのかもしれないが
なんせずっと山を走っていて人の暮らしがあったことにびっくりっていうか
不思議っていうか、、うんーなんつったらいいのかわかんないけど

思う事があったから。。。


周りがもやに包まれる 
外がグレーになって木の陰や山の陰がうっすらみえる
おお!雲の中を走るバス!!!

たまに切れる雲の合間から外を見る
雲の中 もう下の景色はみえない 雲から山のてっぺんがみえてるだけ

そんな薄い雲の中をバスは走る
突然ぱっと眩しい

つきぬけるような青空が広がって
太陽の周りに更に遥か高いところにある真っ白な雲が薄く延びる

太陽のひかりが眩しい

雲をぬけたんだな
と思った

さっきの景色とはうってかわって
グリーンが青空と眩しい太陽にとても映える!
素敵!!!!

後ろを振り返ると山々の間に今抜けてきた雲海が広がる
雲のうえ

青空のあおさと 特徴の或る雲
これは、、、、飛行機でみる空と似ている気がした


更に雲をぬけてバスはひたすらはしる
こんなところに 観光地があるなんてほんまかいな
と思ってたら

バスの外に生活感っていうか
そんなもんがチラホラみえはじめた

そして、、ターミナルに到着!!!10:30


雲の上の街やな!!

続く!!!(前フリながくてごめんねぇw でもすっごく感動したので バスの事)
スポンサーサイト

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。