New!

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2010/12/30 ウユニツアー@別れの後。。ウユニの町迄
  3. 2010/12/29 ウユニツアー@最終日 別れの日
  4. 2010/12/29 ウユニツアー@3日目!私死す!!w
  5. 2010/12/28 ウユニツアー@2日め!!ごはんうまいです^^
  6. 2010/12/28 ウユニツアー@出発
PREV→

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウユニツアー@別れの後。。ウユニの町迄

チリ国境から私たちはウユニの町迄
約8時間再びジープの旅へ

行きとは違うルートをとっているので
また新鮮な景色をたのしめる
国境を出てから高山病も収まって快適ドライブでした。




雪解け水が流れる小川では苔?が生してて
そばでリャマが水をのんでいたり
P1140848_convert_20101227080728.jpg

P1140817_convert_20101227095602.jpg


遠くで稲妻と雨雲がそこにだけ雨をふらせていたり

岩の谷で休憩したり

前が見えない程の氷が降ってきたり
P1140926_convert_20101227095416.jpg



とにかく帰り道はくねくね山道を下って
山岳地帯から荒野へ
そこからまっすぐウユニの町を目指しました。

荒野には人の気配はないのに
カラフルに飾られたお墓がたまに
ぽつぽつあったのが印象的だった。

ちゃんとお参りにきてるんだろうなー。


この4日で計900km程走破したそうです。

ウユニについたのは夕方6時前

ここでなんと!バスが満席www
なんということでしょうwww

クリスマス、年越しを前に民族大移動が始まっているのだそう。。
すっかり忘れてた
クリスマスなんてリア充のお祭り、日本でも関係なかったので!!!!!www

AVENIDAも満室とのことで急遽別のホテルをとって
今夜もウユニで一泊です。。。

さてさてそんなこんなで私は無事クスコにたどり着けるのでしょうか!!?
そして八幡で無事正月を迎えれるのでしょうか!!?

もう不安しかありません!!!
そうそう!そういえばジーパンのズボンの股んとこが破れてました!
いったいつから、、、、

ではでは ウユニでの退屈なもう一泊中にこの記事を書きましたw
遠くで汽笛がきこえる。。
次は列車で来よう 絶対。
グンナイ!!!!
P1140441_convert_20101227090107.jpg
P1140610_convert_20101227095453.jpg
P1140525_convert_20101227080649.jpg
P1140468_convert_20101227080631.jpg
P1140909_convert_20101227082802.jpg



スポンサーサイト

ウユニツアー@最終日 別れの日

最終日


朝4時
一応起こしてもらって薬の効果もあって若干ましだったけど
今日もまた5000m近くにも行くとのことで

ジョニーにホテルで待ってたいって相談したんだけど
まぁなんやかんやで結局行く事に、、、w

でも前半は全然だめで朝ご飯も車のなかで死んでたし
その後何件か行ったスポットも車からおりれず
一番標高の高い温泉で再び頭痛再発で助手席で唸ってましたw
ほんと あそこの記憶ないです。。。
P1140750_convert_20101227080714.jpg




でも若干標高が下がって
4500mくらいまで下がったらちょっと元気になって
しかもチリ抜け組と一緒にいられるのもあとちょっとやん!
て気づいたら

うあーなんか悲しくなってきたーーって..

そんなん思ってたら
最後のスポットのラグーナベルデについちゃって

ここで皆で集合写真。

そして絶景スポットといわれるチリ国境へ。。。

この辺の山の色、土のグラデーション 広すぎる空間 空の色
全てが混ざって違う星にきたみたいで
写真にとってもこの色合い この空間はきっと表現できないんだろうな。。

とか考えてる間に チリ国境へ。
P1140783_convert_20101227095545.jpg



ここでチリ抜けするメンバーとお別れ。。
10人いた日本人メンバーは
私を含め4人だけが再びウユニの町へ。


もうね、ほとんどのメンバーがこのツアーで初対面みたいな
感じだったのに皆すっごくよくしてくれて楽しくって
私、夢の場所にめちゃめちゃ楽しいメンバーと行けちゃって
すごく楽しい3日間すごせて本当に楽しかった。
皆日本人だから逢おうと思えばまた逢えるのに
思わず泣けてしまったよ
かっこわるいw

メキシコのお別れパーティでも我慢できたのに
あちゃー

でも本当楽しかったからいいや。

DSC_0953_convert_20101227082647.jpg




皆さんどうもありがとうございました^^
これからも良い旅&良いお年を^^
また日本で!!いや、どこかで??

BUEN VIAJE!!!!!



つづく

ウユニツアー@3日目!私死す!!w

今朝は6:30出発
朝はパンとコーヒー。

そして塩湖を後に。。。。。。
ここからは荒野をつっきる旅。

ジョニーがここが最後の村だから、、、
ってまず休憩地点。

私はトイペの補充。
通常の2倍の値段だったけど1ロール追加。

そんでなんか岩がごろごろしてるとこへ。
やっぱ標高が更にあがって寒い。

トイレにいきたくなるけど
まぁトイレなんてないよね!!!w

ジョニーに聞いてももちろん帰ってくる答えは
「BAÑO NATURALEZA」
そう、自然のトイレですよね!!

トイペひっつかんで がんばって人気の無いところを探す

でもやっぱり人間、考える事は一緒なようで
そういう場所にはそこらかしこに
先客の置き土産、、そして草にからまってはためくトイペwww


恥ずかしながらこんな経験おそらく20年ぶりでございます。。。

こんな雄大で涙がでちゃいそうなとこで何やってんだか。。。
そしてわざわざブログにかかなくってもいいじゃんね、
あほか私は。


それからジープはがんがんまた走って
コロラド湖へ。


ラッキーな事にフラミンゴが!!
みれないシーズンもあるみたいで。
P1140728_convert_20101227080616.jpg



うーん、ピンクでした。
このへんの土地は火山とかの関係で湖は対外鉱物の色が混ざってて
この湖も一部ピンク色してたりするんだけど

ちょっと沼くさいというか鉱物臭い


でもその湖の周りを雪をかぶった山がかこんでて
広くて素敵だった。


この辺にもなると
多分、森林限界をこえてるんじゃないかな?
木がないのね。

山肌はうすーく苔みたいな植物があるだけだし
それいがいもたいがい荒野か乾燥した草が低く生えてるだけ。

でもすごいのは山肌が赤かったり緑だったり茶色だったり
雪かぶってたり
何も無い世界のはずなのに 実は鮮やかな色彩がそこらにあって

同じ土地のはずなのにいろんな色がグラデーションになってて
なんていうか幻想的。
そんな世界がすっごく広々と在ってその中を小さい小さい人間がジープに載って走っていってっていう。。。。


そしてこの辺から私 高山病再発。
たしか標高4900m行ったくらいからもう駄目。

若干風邪気味だったのにお腹も壊し気味に
高山病のあの頭痛と吐き気、倦怠感で

国立公園(入園150ボリ)はいってからは結構グロッキー。

ホテルがまたちょっと微妙なとこで
も、部屋に入ってベットに倒れた瞬間 も、あかん。
ってなって最後の夕食(ワインがでたんやってー><)も全部パスで
一晩中ベッドでうんうん唸って
いっそ殺せと思いました。

もー最後の夜だったのに私だけベッドっていう残念すぎる事態に。。

塩湖の高さにはもうなんともないけどやっぱ5000m近くは無理ぽ

明朝4:30出発だったんだけど
どう考えても行けそうになかったので
ジョニーにホテルで待ってるっていわなきゃ
って考えてたらいつの間にか寝言?みたいな感じで
スペイン語でうわ言のように呟いてましたww


そしたらかずみさんが
「だいじょうぶー??」って暗闇の中声かけてくれて

そこではっと我にかえって
「大丈夫っす!!」って超元気に答えたことだけ鮮明に覚えてますwww


ほんと 一晩中うんうん唸って同室の皆さんごめんなさい


最後の夜、皆と騒げなかったのが私の唯一の心残りです。。



続く

ウユニツアー@2日め!!ごはんうまいです^^

ツアー2日目

朝ご飯はパッサリなパンとコーヒーで軽くすませ
またまったりとホテルですごす
朝焼けは寝過ごしましたw
6時すぎに起きたら既にあがってた。
9時頃からホテル見学にくるツーリストも増えトイレはますますカオスにw

そして昼前にガイドジョニーがお迎え

ここで一泊ツアーだったはるなちゃんとはお別れ。
代わりにハンガリー人のカップルとAUS人のカップル、
計4人が増えて
総勢14人に(MAXの人数やないか、、)

お昼ごはんはジョニー達ガイドが用意してくれた
リャマステーキとキヌア

やっぱりちょっと獣くさいけどなかなかリャマ行けるわ。
そして意外にもキヌアが好評だった。
キヌアふあふあしとる。。。

マヨネーズかけたらうまかったw


そしてISLA DE PEZCADOを目指す

P1140584_convert_20101227100328.jpg


塩湖の真ん中にある島で
遠くからみると魚の形だそうで。

ここの目玉は島ににょきにょき生える巨大サボテン
サボテンは1年に1センチしかのびないのだそうで
よくここまで大きくなったなー、、なサボテンがたっくさん。
そして入場は15ボリ。
しかし、、、トイレが 超奇麗だった><w

島はいっこの岩山みたいで頂上までのぼると結構な高さ。
やっぱりそこからも青い空と白い塩湖が鮮やかに見えて
すっごく素敵!!

そしてジープは塩湖の端っこの塩のホテルへ。。。
たしかchuvicaだっけ?名前忘れた。


同じホテルとは思えない程きれーーーーーーーーー
そしてホットシャワー!水!水のながれるトイレ!電気!
ホテル自体もめっちゃ奇麗!

電気は19-22までお風呂も夜は22時迄(別途10ボリ)だったけど
最高やね!!あかんわー
やっぱ何もないのもいいけど
あると嬉しいっすわ!!w


ただお風呂がリミットつきだったから結構神経ピリピリさせて
順番待ちしたわ


折角ごはん超おいしかったのに、、、www
かけこんだかんね。

で夜は再び酒盛り!、、、のはずやってんけど
なんか体調わるくって薬色々服用しちゃったから
今夜はお預けに、、、、、

鼻水がねー すんげやばかったのよ。
ダムの放流か!!てな感じに。

トイペが1ロールなくなりましたかんね

トイペが1ロールなくなるってことはね
高山病の名残でお腹の調子もよろしくない私にとっては大問題なわけですよ、、、

もっと飲み騒ぎたかったんやけど、、まぁ体調復活させたいがために就寝!!
はぁ、、、今考えるとまだまだ元気やってんからもっと起きときゃよかった。。。


つづーく

ウユニツアー@出発

出発当日

実はウユニ塩湖って
初めてネットで写真見たとき

鏡面に空と雲がうつって立ってる人が空にういてるみたいで
すっごく感動した

そんでその写真を長い事デスクトップの壁紙にしてた。
でもその時はまだウユニ塩湖っていう名前も何にも知らなくって

というより本物の写真じゃ無いと思ってた。
PCとかでなんか加工した写真かグラフィックやと思ってて

でも南米のボリビアにある実在する場所って知ってからずっと行ってみたくって
去年か一昨年にNHKで特集されてる番組みて
やっぱり行きたいって思って
だからこの留学の行き先も中南米に決めた。


ぶっちゃけこの旅の目的はウユニ塩湖


その夢が叶う日にめっちゃおもろいメンバーと行けるっていう幸せ
しかも3泊4日ツアーで!!


めっちゃわくわくしたっちゅーの^^

あいにくまだ雨期は始まってなくって乾期で水は張ってないけど
でもいいねん!!
次雨期に見に来たらいいねんもんw
今回は乾期!



朝11時に車は出発
ラパスのエルソラメンバー+ここで知り合った3人の日本人と
ウユニ塩湖の塩のホテルPLAYA BLANCAを目指す。

まずは列車の墓場、cementario del trenへ。
なんかこの列車はボリビアでの最初の蒸気機関で
イギリス式だったそう。
P1140338_convert_20101227080126.jpg



この列車を使って運ばれた鉱物は最終的にヨーロッパにはこばれたそう、、(ガイドのジョニー談)


そして塩湖へ突入――――


うーん ちょっとは期待したんだけど
も カラッカラやわ!!wまごうことなき乾期やわ!!!w
P1140441_convert_20101227090107.jpg



でも、、、、ひろーーーーーーーい
空も広いし青い

ホテルについてちょっとホテルから100mも離れてみると

そこは風の音だけ。
雲がゆっくり流れて 空が青くて 塩の地面を踏みしめるじゃりっという音。
それだけ。

塩の地面に座ると
ちょっと痛い。 塩の地面はまっすぐ 平にどこまでものびていて
山が遠くにちらっと見えて すっごく気持ちいい!!!


こんな広くて真っ平らな場所が標高4000m近くの高地にあるんやもん
世界は広いわ まったく

その後はお決まりの写真タイム^^
むふふ めっちゃおもろかった
そんなんしてたら時間はあっちゅーまにすぎちゃうんやもん

夕焼けもばっちり

私たちの他には誰もいない
この塩湖の夕日を一人(じゃないけどw)占めじゃーい
P1140525_convert_20101227080649.jpg



塩のホテルはやっぱり電気がなかった
トイレは自分で桶から水を汲んで流す式やってんけど

はやくも水の残量が危ないことにw
そしてながれねぇっwww
まぁこの話は後々、、、、、




夕方6時 部屋の中は大分薄暗くなったころ
待望の夕食ターーイム


まずは野菜のスープがきましたよ
うん やさしいお味でなかなかおいしゅうございます^^

さて、スープにスプーン、残すはフォークとナイフの出番ですね


こりゃもう肉でしょう!メインはNIKUでしょう!!!


そこに運ばれてきますは ライスと に、、、、に?肉?

んん?なにやら薄くて小さい茶色い固まりが、、w
しかもご飯の量からいってこの大きさは、、小さい!ちいさすぎるwww

薄暗いせいでよくみえないんですが
あれですかね。加工肉っぽいですね。SPAMみたいな、、

先に味見した数名が謎の味を訴えています。
その内何人かは脱落の模様、、しかしわずかに2人、
なんかおいしそうに食べてる人がいる!!!!!www



私は考えました。
そしてイケると思いました。
きっと(私にとっては)おいしいとおもいました。
そしてその肉っぽい何かを口に運んだんです。

口に入れた瞬間のあの生臭さ(?)といったらwww
すごい顔したそうですw
まじでこの一口でご飯もりもりいけちゃうとおもいました(味を打ち消すため)
そう。このご飯と肉の比率は間違っていなかったのですwww
これぞ黄金比!!!!(意味不明)


でもね、気づいたんです。
意外と口に入れた瞬間はアレでも4回程噛めばまぁなんとかいけそうな味であることを。

でもお腹こわしぎみの私の胃袋さんが
ちょ、おまえーやめといたほうがええんとちゃうか??
って言ってきたので三分の一でやめときました

今思えばいい思い出ですwwwwww
結局完食されたメンバーはあのお二方だけではなかったでしょうか、、、
トマトが非常においしかったですw


食後ちょっと疲労気味(いろんな意味で)の私たちに
コーヒーが(紅茶だっけ?)が振る舞われました

そのカップを持ってみんなで外に。

残念ながら雲がちょっとでてたけど
ほぼ満月に近い月のまぶしいこと。

くっきり塩の地面には陰が。。
月が明るすぎてプラネタリウムと形容する程の星は
みえなかったけど

そんな月夜の塩湖でのPACEÑAは最高でした

まったーり飲んでたら
急に不穏な空気がwww

右みたら真っ黒やないけw
とかおもってたらいきなり暴風w

あわててホテルに避難!!
その後一晩中暴風がふきあれて
宴会はホテルの中に変更で、、、

でも酔っぱらいさんがとってもおもしろくって
楽しい夜でした^^

ウォッカとオレンジジュース(グレープの代用)とウユニの塩での
ソルティドッグは格別においしかったー


そんな楽しい一日がすぎると共に
流れないトイレはますますカオス化していくのでしたとさ。

続く(^3^
P1140419_convert_20101227080519.jpg
水は入り口付近にちょっぴり。。。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。